いつか死ぬ、それまで生きる わたしのお経
朝日の本


販売情報

■商品名

いつか死ぬ、それまで生きる わたしのお経
伊藤 比呂美 著
■価格(税込)

定価:1980円(税込)

※新聞配布エリア配達無料
※新聞配達エリア外は配達不可

商品コメント


発売日:2021年11月5日
四六判上製 272ページ

●古典新訳に定評のある詩人による、暮らしに結びついたお経現代語訳、自然を見つめる明るいまなざし、「生きる」ことへのやわらかな希望のある極上エッセイ。耳でも味わいたい著者によるお経朗読9編をふくむCDつき。

寝たきりの母、独居する父。
死に方がわからないかのように生きている親を見ていて考えた。
「生きること死ぬこと」について、老い果てぬ前に準備をしたらいいのではないか。
老いて死ぬ不安を、苦しみを、少しでも軽くする道はないか。
遠いカリフォルニアから通いつつ看取りをつづけるうちに、娘はお経に出会った。

そして今、両親と夫の死を見届けて、
誰もいなくなった荒れ地や海辺を、犬と歩く。
日没を見て、月の出を見て、小さな生き物の生きざまを見る。
雨を見て、風を見て、地震を見る。
自然のめぐりと生きることと死ぬことが重なっていく。


●「目次」から
 父と母とお経とわたし
開経偈「今、出遭いました」
三帰依文「仏教に出遭えたミラクル」
三宝礼「みをかがめます」
 秋篠寺伎芸天/空
般若心経「完成に向かって」
二河白道「河を渡る」
源信の白骨観「ホラホラ、これがおれの骨だ」
九相詩「死体のあと」
 「白骨」と「九相詩」
源氏物語表白「紫式部の往生」
風信帖「一通の手紙、空海から最澄へ」
 雲/雨
法華経薬草喩品偈「大きな木や小さな木」
 骨/鏡/手紙、父へ
阿弥陀経「浄土とはこんなところです」
 犬になる
四誓偈「四つの誓い」
本誓偈「ただおこなえ」
 犬を待つ/写真
聞名得益偈 「みんないける」
 ウサギ/スカンク/藪の中/巣立ち/キノコ
法華経従地涌出品偈(部分) 「涌き出したボサツたち」
法華経方便品(部分) 「なぜ仏は世にあらわれたか」
法華経如来寿量品偈(自我偈) 「私が目ざめてからこのかた」
 名前
一切精霊偈「一切のたましいは」
 7度21分40秒/日没/朝の月と満月
発願文「ねがっています」
 お盆を思う
摂益文「み名をよぶ」
 瓦礫のお城とただの草/サフラン
 犬と怨憎会苦/料理しなくなって
 春の小川
 死んでいく人
仏遺教経「最後のおはなし」
総回向偈「あまねくひとしく」
総願偈「あるいてゆきます」
 あとがき
 主な参考文献