朝日小学生新聞だより(国語力UPに朝小の活用を)

国語力UPに朝小の活用を


秋になると、中学受験に向けて朝日小学生新聞を読み始めるご家庭が増えます。受験直前の6年生は社会や理科で出題される時事問題対策に、5年生以下は読む習慣をつけて国語力を伸ばしたい、という目的の方が多いようです。

今年の春に中学に合格した朝小読者へのアンケート結果によると、受験に最も役立ったコンテンツとして77%の人が「毎日の1・3面の記事」、62%の人が「ニュースあれこれ」と答えています(複数回答可)。

1・3面では、旬の時事ニュースや、入試でもよく取り上げられる環境問題、SDGs、世界遺産など、様々な話題をわかりやすく解説しています。「ニュースあれこれ」は、日々のニュースをコンパクトにまとめたコーナーです。ニュースを理解し、「なぜこの環境問題が起こったのだろう」「どうしたら解決するのだろう」と考えることで、思考力が身に付きます。
毎秋掲載している「中学受験 要チェック」は51%の人が役立ったと答えました。1年間のニュースを振り返り、中学受験で出題されそうなポイントを入試に詳しい専門記者が紹介するコーナーです。受験生は必読です。

読者限定で重大ニュースをまとめた冊子のプレゼントも予定しています。ぜひこの機会にご購読ください。


毎日発行、月ぎめ1,769円(税込み)
購読のお申し込みはお近くのASAへ。
お孫さんへ新聞を贈る「朝学ギフト」も受付中。